• 生前贈与をするメリットとは?

    生前贈与とは、元気なうちに財産を望む人に贈ることをいいます。

    相続と生前贈与は同じく財産を受け継ぐ、受け渡す制度ではありますが三つの点で大きく異なっています。


    一つ目に、生前贈与は元気なうちに財産を渡すけれど相続は亡くなってから財産が受け継がれるということ。
    生きているうちと死んでからという大きな違いがあります。
    生前に贈与するのは好きな時に好きな人に対してできますが、相続は亡くならないと財産を渡すことはできません。
    だからこそ、財産を何時渡してもいいと考えているなら相続で対処してもいいですが、必要な時にすぐに渡したいと考えるなら生前に贈与する方法が向くことになります。二つ目に、相続は遺言がない場合は法律で分割の割合が定められていますが、贈与の場合は割合が定められていません。



    好きなだけ渡すことができます。


    相続でも特定の相手に全て渡すことなどある程度の裁量はあるのですが、そのためには遺言状を作成しなければいけないという特徴があります。

    遺言状があれば法律の分割割合に自分の意思が優先しますが、なければ法律の割合で分割されますので、好きなだけというわけにはいきません。



    三つ目に、相続は相続税の課税対象になりますが、生前の贈与は贈与税の課税対象になります。
    贈与税の方が税率が高いため、一般的に贈与の方が税額が高くなる傾向があります。



    生前贈与の最大のメリットは、死によって効力が発生するわけではないため、必要な時に贈りたい人に財産を贈ることができるということです。ただし税金の問題がありますので、生前贈与を検討する場合は税理士などに相談するのがよいでしょう。

  • 法律の基本知識

    • 生前贈与は、生きているうちに財産を譲渡するということです。生前に財産を譲渡することで、相続財産を減らし、相続税を少なくすることが目的です。...

  • 法律をもっと知る

    • 生前贈与とは、相続より前に贈与によって子や孫が両親等から財産を取得する事を言います。近年では、生前贈与に非課税枠を設けることで、税負担を軽減し、財産の取得を容易にしています。...

  • 法律の秘密

    • 生前贈与とは、生きているうちに自分の財産を人に託すことをいいます。相続の場合は、法律の分割割合に従うにせよ、遺言書で分割を指定するにせよ、財産が遺産として相続人の手元に渡るのは被相続人が亡くなってからです。...

  • 知っておきたい常識

    • 被相続人が残した遺言は尊重されなければいけませんが、遺言を無条件に全て認めてしまうと、遺族が不利益を被る可能性があります。そうした事態を防ぐために、民法において遺産を最低限受け取る事ができる割合として遺留分が定められており、これは遺言より優先されるものです。...